サンプルサイト
  • 境界がわからないとき
  • 建物を新築したとき
  • 土地を売買するとき

肩の力をぬいてお気軽にご相談ください!

土地家屋調査士ってどんなことをするんだろう?一般の方にとっては、馴染みの薄い職業だと思います。土地家屋調査士とは、お客様の大切な財産である、土地や建物について、法務局をはじめ関係する官公署での調査及びその他資料を収集し、現地調査・測量を行います。将来、境界標が亡失したときやそれに伴う境界紛争が生じたときにも、現地において境界を復元することができるよう正確な測量を実施します。これに関連して、土地・建物の登記なども行います。
つまり、皆様の大切な財産である土地・建物を将来まで安心して使って頂けるよう、安心をお届けするスペシャリストが 土地家屋調査士ということになる訳です。
土地・建物に関してお悩み事・お困りごとがある方は、一度肩の力をぬいてお気軽に私たちにご相談してみてください。きっとお役にたてることを確信しております。

土地建物のことなら森淳志事務所におまかせください!

  • eyecatch1

    土地の境界をめぐる紛争のほとんどは、「筆界不明」によるものです。特に、古くからの土地の場合、隣地との筆界が不明な場合も多く、…

  • eyecatch2

    森淳志事務所における受託の流れです。わかりやすい言葉で丁寧にご説明しますので、一度是非ご相談下さい。 休日も事前にご連絡頂ければ対応致します。…

  • eyecatch3

    お客様から日頃よく寄せられる質問をまとめました。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。当事務所の無料相談もご活用ください!…

eyecatch1